デザインを整える

アイキャッチ画像はどうつくるの?みんな『Canva』を使ってるよ

文字加工後
  • ブログのアイキャッチ画像を作れるようになりたい
  • おしゃれなアイキャッチ画像を作りたい
  • コストをあまりかけずに作りたい

くまさん
くまさん
それ、『Canva』でできますよ。

Canvaをおすすめする理由

キャンバホーム画面

Canvaは初心者でも簡単に使えるデザインツール。無料で使えます。

有料プランもありますが、無料で使える範囲は豊富にあります。初心者は練習してから有料への移行を考えればいいと思います。

おしゃれなテンプレートがたくさん用意してあり、眺めているだけでデザインの勉強になります。

アイキャッチ画像を作るソフトは、Canvaの他に『illustrator』や『Photoshop』などがありますが・・・

この2つ、今後デザイナーとして活動していきたいなら必要になるソフトですが有料です。ブログのアイキャッチ画像を作るにはCanvaで十分に対応可能です。

このページでCanvaをマスターし、サクッとアイキャッチ画像を作れるようになりましょう。

Canvaを使い始める3ステップ

  • STEP01
    アカウントの登録
    Googleアカウント・Facebookアカウントまたはメールアドレスを入力し、認証を受けます。
  • STEP02
    利用目的を入力
    ブログで使うなら「個人」を選択。
  • STEP03
    有料トライアルについて
    案内が出ますが、ひとまず「後で」を選択。
キャンバ ダッシュボード

くまさん
くまさん
この画面はブックマークをしておくといいよ。

Canvaのホーム画面が開く

Canvaを使って、アイキャッチ画像を作ってみましょう。

写真の上に文字を乗せるアイキャッチ画像を作ります。

キャンバで作ったアイキャッチ画像

Canvaでアイキャッチ画像を作ろう

アイキャッチ画像に適したサイズ

アイキャッチ画像のサイズは使っているテーマによります。

このブログのテーマJINでは、公式サイトに幅16:高さ9の比率。

具体的には幅760px高さ428px以上の画像でPCにきれいに表示されるという記載があります。

大きすぎるサイズに注意

大きい画像は、サイズを縮小または、トリミングのうえ表示されます。いくら大きくても画面上で表示されるサイズは同じです。

大きい画像はファイルサイズが重いので、その分ページの表示速度に時間がかかることになります。

表示速度は速いほうがいいので、アイキャッチ画像のサイズにも気を配りましょう

そこで、右上の「カスタムサイズ」ボタンをクリックし、直接サイズを入れてしまいましょう。

キャンバカスタムサイズでデザイン作成

画像の挿入

背景となる画像を挿入します。

手持ちの画像を挿入する場合は、左のメニュー『アップロード』をクリック。『メディアをアップロード』を選択して画像を挿入します。

キャンバ 画像のアップロードアイコン

画像の用意がない場合は、その上の『素材』を選択。
検索窓に「ノートパソコン」などとキーワードを入れて探します

素材の選択 絞り込みアイコン

右上丸い印のアイコンをクリックすると、画像素材の色合いなどを絞りこんで選択することができます。

キャンバス上で写真の大きさを画面いっぱいに広げます。

テキストを挿入

左のメニュー、上から4番目のテキストを選択すると、さまざまなフォントを組み合わせたテキストが表示されます。

好きなフォントをクリックして選択するとテキストが挿入されます。

テキストの挿入

それぞれの文字を選択し、書き換えます。

文字の装飾をする

挿入した文字をクリックすると、上のメニューバーが文字編集用に変化します。

キャンバテキストのメニュー

左から順に、

  • フォントの変更
  • 文字サイズ調整
  • 文字のカラー
  • 太字・斜体・文字の配置(左揃え・中央揃え・右揃え)
  • 箇条書きにする
  • スペース(文字間隔と行間隔)の調整
  • 縦書きへの変更
  • エフェクト(選択した文字のスタイルを変更)
キャンバ文字エフェクトメニュー
  • 三つの・・・をクリックすると隠れていたメニューを表示します。
  • 下線・大文字小文字切り替え
  • アニメーションの挿入
  • グループ解除
  • 配置(重ね順・上下の揃え)
  • スタイルのコピー・不透明度の調整
  • リンクの挿入・コピー・ロック
  • 削除

これらのメニューを使用し加工したのが次の画像です。

(加工前)

テキストの加工前

(加工後)

文字加工後
  1. フォントを変えました。(アイキャッチ画像で使うフォントを統一するようにしているため)
  2. グループを解除して、それぞれの文字の大きさ文字間隔行の間隔・文字のを変更しました。
  3. 文字を加工するとき、背景画像や加工済みの文字を間違って選択しないように動いてほしくない文字をロックしてから編集しました。
  4. 目立たせたいキーワードの文字色やスタイルを変えました。
  5. 一部だけを変えることができなくて、コピーをして『CANVA』の文字と、他の文字の2グループに分けました。2つがうまく重なるように配置しました。)

文字と背景の画像がかぶって見えづらいので、背景画像にフィルターをかけて加工しています。

画像を選択すると、下のようなメニューに変わります。

エフェクトを選んでも、写真の色合いを変えることができます。

キャンバ画像を選択した時のメニュー

できあがった画像をダウンロードする

画像が出来上がったら、デザインをダウンロードしましょう。

  1. 右上のダウンロードボタンをクリック
  2. ファイルの種類を、PNGではなくJPGに変更
  3. ダウンロードをクリック
  4. 完了です
キャンバ ダウンロードでJPGを選択

保存形式について

PNGファイルが推奨となっていますが、同じデザインでもJPGの方がファイルのサイズが軽いのです。

同じデザインでのファイルサイズの違い

同じデザインで2種類のファイルで保存してみたところ、
PNGファイルは226KBに対し、
JPGファイルは41KB
5分の1以下になりました。

ファイルは軽いほうがいいので、JPGで保存しましょう。

アイキャッチ画像の完成です

Canvaでは、簡単な操作でアイキャッチ画像が作れます。

操作は覚えやすく、何回も繰り返すうちにすぐに慣れてくるでしょう。

まとめ:アイキャッチ画像はCanvaで簡単につくろう

いかがでしたか?

無料デザインツール『Canva』を使ったアイキャッチ画像の作り方を紹介しました。

ブログの文章を書くよりも、「何だか簡単だな」と分かってもらえたらうれしいです。せひ挑戦して早めに慣れてください。

アイキャッチ画像を手作りしていれば、ブログのオリジナリティが出ると思います。

作るのに長い時間を取られて、ブログを書く時間が減ってはいけません。

アイキャッチ画像はCanvaでサクサク作ってブログを書く時間を確保しましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です